chibitoとふたごじてんしゃが協働


双子にも当たり前の自転車タイムを提供するため、子育ての課題に取り組む2社がタッグ。




株式会社chibito(東京都練馬区、代表:阿部裕子、以下chibito)と株式会社ふたごじてんしゃ(兵庫県尼崎市、代表:中原美智子、以下ふたごじてんしゃ)は、双子用の自転車「ふたごじてんしゃ」に設置するレインカバー開発で協働、2021年4月からの販売開始をめざします。



chibitoは「みんなでつくるママパパ&キッズブランド」を掲げ、育児世帯が企画に参加しながらプロダクト開発できる育児グッズブランド。育児の課題をプロジェクトとしてブランドサイトに立ち上げ、その解決を目指すためのプロダクト開発をママパパ参加型で行なっています。 一方、ふたごじてんしゃは、双子を育てる保護者にも自転車による“当たり前の外出”を提供するため、同年齢の子ども2人を乗せられる親子自転車「ふたごじてんしゃ」を提供。アセスメント販売(R)という、利用者の子育て環境を丁寧に聞き取りながら販売するスタイルで双子の子育てをきめ細かくサポートしています。 2018年5月に発売した「ふたごじてんしゃ」は、初回生産分が発売初日に完売し、新たに2019年5月より、入荷待ちしていた双子や年子世帯に再販売しています。販売後、共働きの利用者からは園や幼稚園への送迎のためレインカバーが欲しいとの要望が多数寄せられていました。


しかし、子供乗せ自転車用のレインカバーは幅広く普及しているものの「ふたごじてんしゃ」は独特の形状をしており、きょうだい間の幅が狭いために子供一人ずつ独立したカバーを設置すると後方の子供が濡れてしまうことが課題でした。そこで両社は、双子をまとめてカバーする形状を考案し協働開発をスタートしました。 協働開発では、利用者に寄り添うchibitoの商品開発のスタイルやレインカバー製造における知見と、双子の子育てだからこそ欲しい機能性を知り尽くしたふたごじてんしゃが情報提供することで、双子子育てに最適な商品の提供を目指します。また、両社の顧客基盤を活かすことで、さまざまな場面でお客様との接点を創出できるよう取り組んでいきます。 既に複数回におよぶモニタリングと試作は終了しており、量産に向けた最終調整を行い4月からの販売を目指しています。 <開発目的および背景> ● 常に同時に育つ双子は、異年齢きょうだい向けに作られた子供乗せ自転車には乗せることが難しいため、同年齢2人を乗せられるふたごじてんしゃを販売しています。このたびの開発は、ふたごじてんしゃの利用者から「雨の日の送迎などにレインカバーが欲しい」との強い要望を受けて開発に着手しています。 ● 本協働開発では、chibitoの開発・製造環境を利用しながら、ふたごじてんしゃの利用者とともに実証実験を行い、双子に最適な自転車雨具の販売を目指します。 ■ふたごカバー開発プロジェクトページ https://www.chibito.jp/futago モニターに参加する親子のもようを、今後更新してまいります。